ブログ

ルーガ葺き替え工事

本日の更新はルーガ葺き替え工事です。

綺麗に仕上がりました。


洋瓦葺き替え工事

野村瓦店の吉良です。

本日の更新は洋瓦葺き替え工事です。

簡単な流れですが現状の瓦を一度めくり、綺麗に掃除をしてからコンパネを貼りその上に

ルーフィング(防水シート)を貼り新しい瓦を施工していきます。

 

 

 

綺麗に仕上がりました^^

 


リッジウェイ葺き替え工事

U瓦からリッジウェイへの葺き替え工事となります。

現在のU瓦を全て撤去し(大屋根・下屋根)、新たに下地材→防水紙→リッジウェイ(屋根材)

本体を施工していきます。

 

新しい屋根に一新することで、お客様の悩みが解消されました。

最終日の完工後にお客様から伝えられる『笑顔でありがとう』うれしいものですね。

 

社員一同、引き続きお客様第一をモットーに精進してまいります。

 

※お見積り無料。些細なことでもお気軽にご相談下さい。


棟瓦積み替え工事

本日の更新は棟瓦積み替え工事です。

屋根の頂上部分は棟と呼ばれます。

棟は雨漏りしやすい部分であり、台風や強風・経年劣化により破損したり崩れてしまうことがあります。

 

写真のように崩れてしまっていますね。さっそく作業に取り掛かりましょう。

簡単な流れではありますが、棟瓦撤去→強化棟施工(棟補強金物)→垂木施工→乾式施工(面戸シート)→棟瓦施工の順になります。

軽量化され、綺麗に仕上がりました。

 

 

 

お見積り無料。些細なことでもお気軽にご相談下さい。

 


大屋根立平カバー工事

久しぶりの更新です♪

本日の更新は立平カバー工事です。

簡単な流れですが、現状のシングル材の上にコンパネ施工→ルーフィング(防水シート)貼り→立平施工→貫板施工→棟板金施工→コーキング(仕舞い)→完工

 

こちらが現状です。 

カバーなので現状のシングル材の上からコンパネを貼ります。

その上からルーフィング(防水シート)を貼ります。

立平を施工したら棟板金を施工する前に貫板を施工します。

棟板金施工して壁際や棟板金のジョイント部分をコーキングいれて完成です。

 

綺麗に仕上がりました。今回は壁際の笠木は工事に入ってなかったので触っていません。

立平は軽量で耐震性が高く、施工費用も安価な立平葺き金属屋根の中でも人気の高い工法です。

 

 

お見積り無料なので些細なことでもお気軽にご連絡ください。


波板交換工事

本日の更新は波板交換工事です。

現状の波板を撤去して水を受ける所を掃除します。

それから新しい波板を施工してフックで止めて完成です。

 現状

 撤去・掃除

 完工

 

自社施工による適正価格!!

お客様第一をモットーに日々精進しております。

お見積りも無料なので些細なことでもお気軽にご連絡くださいませ。

・屋根工事一式(板金工事・波板工事・葺き替え工事・雨樋工事etc.)

・外壁工事一式 


リッジウェイ葺き替え工事

本日の更新はリッジウェイ葺き替え工事です。

簡単な流れですが、現状の瓦をめくる→土撤去→モルタル切る→コンパネを貼る→ルーフィング貼る(防水シート)

→リッジウェイ本体葺き→棟板金施工(仕舞)という流れです。

 before

 

   after

 

before-afterですいません💦

 

リッジウェイのメリット

・カラーバリエーションが豊富

・軽量のため地震に強い屋根材

・標準仕様の施工風速38m/sにも耐えられる

・柔らかい屋根材なので施工性が高く、耐衝撃性能も優れている

・安くコストパフォーマンスが高い屋根材

リッジウェイデメリット

・断熱性能が低い

・表面の石が落ちてくる

 

 


ゴールデンウイーク休業のお知らせ

5月3日(火)~5月5日(木)まで
上記の期間休業とさせていただきます。
お客様ならびにお取引先様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。

 

5月6日(金)より平常通りの営業となります。

 


立平カバー工事

続いての更新は立平カバー工事です。

 

 before

 

    after

 

立平施工も綺麗に仕上がりました。

立平葺きのメリット

・心木を使用しないのでメンテナンス性に優れている。見た目は瓦棒葺きに似ておりますが立平葺きは凸部分に心木が

使用されておらず、木材が使用されていため腐食するような事態にはならないです。

・耐用年数が長い 金属屋根というと錆の心配がありますが、ガルバリウム鋼板は犠牲防食作用によって錆の広がりを防止します。

お住いの立地環境や、メンテナンス頻度にもよりますが、約20年以上の耐用年数が期待できます。

・工期が短く費用が安い ガルバリウム鋼板は錆びにくく、耐用年数も長く価格が安いという特徴があります。

それを加工した立平葺きの屋根材も安くなります。瓦やスレートなどと比べると屋根材自体の個数も少なく工程が短くなる分工事の

総額も安くなるのです。

・かまぼこ屋根にも使用可能 曲面にも葺けるという多様性があります。

そのため、かまぼこ屋根は特に立平葺きであることが多いのです。

・屋根材の中でも軽量 瓦やスレート屋根に比べて軽量なのが金属屋根です。そのため、耐震性に最も優れているといわれています。

・防水性が高い 継ぎ目がないため、屋根材の下に雨水が侵入することを防いでくれるため雨漏りの発生率が低いのです。

 

立平葺きのデメリット

・複雑な形状の屋根には使用できない 基本的にはシンプルな切妻屋根やかまぼこ屋根などに使用することはできますが、複雑な形状の屋根には向きません。

・室温が上がりやすい金属屋根のため、他の屋根材よりも熱を吸収しやすく、室温も上がりやすくなっていますが、遮熱塗装や断熱材でカバーすることが可能です。